中古車に乗るデメリットは、その車の来歴が分からないことでしょう。たしかに、中古車は安いのですが、その安さには理由があるわけであり、決して良いところばかりではありません。

中古車は壊れやすいと言われますが、これは全くのところ事実です。要するに、事故を起こした車をちょっと直して売っていることもあるからです。事故の程度にもよりますが、大きい事故を起こしている車などですと、形だけ整っているというだけで、継ぎはぎだらけのものに乗っているのと大して変わらないのであり、危険であるというべきでしょう。

それに、どれだけ乗ったのかというメーターも改竄されていることがあるようです。そういうことはしてはいけないことになっているのですが、それでも改竄する人はいるようですので、そんなに信用できないということになります。

このように、自己を起こした車やらメーターを改ざんされた車やらを買ってしまいますと、例えば後ろから追突されたときなどは、大きく大破してしまうということにもなりかねません。下手をすれば中古車を買ったばかりに命を失うということも十分にあり得ます。こうなりますと、安物買いの銭失いという諺を実践してしまったことになるでしょう。

たしかに中古車は安いですし、不景気の現在では中古車に乗らざるを得ない問うことも十分に考えられますが、しかし、矢張り命にもかかわるという点を考慮すれば、できれば中古車は避けるべきではないでしょうか。